医院ブログ

2015.11.09更新

1.健康状態のチェック

インプラント手術の安全性は、手術当日の健康状態によって左右します。手術前から体調を整え、体調が良い状態で手術当日を迎えることが大切です。

 

2.口腔内のクリーニング

衛生的な環境でインプラント手術を行うことが必要ですが、口の中に細菌が残っているような状態では、手術を開始できません。歯科衛生士により、徹底的に口の中をキレイにします。

 

3.インプラント埋入手術

麻酔をしてから、歯肉を切開し、顎の骨(歯槽骨)にドリルで穴を開け、インプラントを埋め込みます。インプラントには仮の蓋を装着し、歯肉を元にもどして縫合します。

 

4.リカバリー

術後は体を休めます。出血が止まっているのを確認します。

 

5.手術や術後の注意点などを説明

行った手術について、術後の注意点などの説明があります。

 

6.帰宅

入院の必要はありませんので、その日のうちに帰宅できます。

投稿者: 希望ヶ丘デンタル

お問い合わせはこちら

tel_045-744-5566.png