インプラント

インプラントについて

自分の歯に似た歯をつくる治療

インプラントとは、歯を失ってしまった場合、チタンでできた人工の歯根を骨の中に手術で埋めることで、自分の歯に似た固定性のものを回復するという治療法です。チタンは人工関節などにも使われる生体親和性のある金属で、骨の中に入れたインプラントは一定の治癒期間(数ヶ月)をおくことで、骨とくっついてくれます。インプラントが骨と固定されれば、そこからは一般の歯科治療と同じで、型をとって歯の形のものをつければ固定性の歯が完成します。ご自身の歯とまったく同じではありませんので、自分の歯がまた生えてくるということではありません。その点はご理解いただいた上でご検討ください。患者様に合わせた治療計画を進めていきますので、まずはご相談ください。

インプラント治療の流れ

1. 治療計画・カウンセリング

全身の健康状態、施術前にどれだけの歯が失われているのか、今ある歯がどんな状態なのか、骨の幅や量、硬さ、かみ合わせはどうなっているのかを正確に把握しておくことが重要になります。レントゲン歯科用CTを用いて、患者様の口腔環境や骨格を確認し、治療方針を決めていきます。その上で、どのような計画でおこなうのか、治療方法、料金、通院期間などのカウンセリングをおこない、患者様同意のもと治療がスタートします。

2. インプラント埋入

適切なサイズのインプラント体を計画し、顎骨に埋め込みます。麻酔をしてから、歯肉を切開し、顎の骨にドリルで穴を開け、インプラントを埋め込みます。インプラントには仮の蓋を装着し、歯肉を元にもどして縫合します。

3.骨との結合期間(オッセオインテグレーション)

インプラント埋入手術の後、1週間後に消毒や抜糸をして、インプラントが骨としっかり結合して定着するまで、約2~6ヶ月ほど時間をあけます。骨の状況によって期間が決まります。

4.上部構造(被せ物)の作製(型どりとかみ合わせ高さの決定)

インプラント体に専用の型をとる器具を装着して、型取りとかみ合わせを取ります。

5.上部構造(被せ物)の装着

技工所で作製した上部構造(被せ物)お口の中に装着します。

6.予後・メンテナンス

インプラントの場合も天然歯の歯周病と同じような「インプラント周囲炎」という炎症が起きる可能性があります。そのため、日常のセルフケアとメンテナンスはとても重要です。

料金
術前検査 (CT撮影・相談料) 5,000円
インプラント手術費用 200,000円~
インプラント上部構造 150,000円~
インプラント義歯 (アタッチメント) 50,000円
GBR 50,000円

※上記は税抜の値段になります。

お問い合わせはこちら

tel_045-744-5566.png