口腔外科

口腔外科について

お口の中やその周囲への外科的処置

むし歯や歯周病以外の、お口の中やその周囲に発生する病気を対象とする外科処置をおこなうのが口腔外科です。主に親知らずの抜歯(親知らず外来)、顎関節症の治療などをおこなっています。

親知らずは抜く? 抜かない?

親知らずはお口の中の一番奥に生えてきますが、生えるスペースがなく、骨の中に埋まっていたり、すべて生えきらないこともあります。必ず抜く必要はありませんが、親知らずが一部しか生えなかったり横に生えてきたりすること、隣の歯を圧迫して痛みが出たり、歯並びが悪くなることがあります。当院では、お口の中の状況を総合的に診断し、抜歯の必要性を判断します。

 

【親知らず】親知らず=抜かなきゃいけない、というイメージが強いかもしれませんが、上下の親知らずがしっかりと噛み合い、歯磨きがきちんとできている場合や、完全に顎(骨)の中に埋まり、痛みなどの症状が無い場合などは、きちんと管理できていれば抜歯の必要はありません。ただし、親知らずがあることによってなんらかのトラブルがある場合は、抜歯をお勧めします。

ストレスでも起こる顎関節症

顎関節とは耳の少し下にある下顎を動かす関節のことで、顎の関節が動く時に音がする、口の開閉がしづらい、顎の間接が痛むなどの症状を総括して「顎関節症」と言います。これらの症状に当てはまる場合でも痛みが出ないこともあります。顎関節症は放っておくと進行する病気のため、最初はカクカク音がするだけだったのが、気がつくと口が開けづらくなっていたり、次第に痛みが出てきたりすることも多いです。顎関節症は、噛み合わせ、生活習慣、ストレスなどが原因で起きるので、患者様の原因や症状に応じた治療法をご提案します。症状がひどくなる前にお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

tel_045-744-5566.png