医院ブログ

2017.05.06更新

1.口にテープを貼って寝る方法

使用するテープは、医療用テープや、口に貼る専用のテープも売っていますが、実際、安いマスキングテープで十分です。
テープの貼り方は、くしゃみをした時に勢いで鼓膜を破ってしまわないように、横一文字状にテープを貼るのではなく、口に対して垂直方向に川の字で貼り付けるとよいです。
意識しなければ隙間は開かないので、寝ている間に口呼吸をしてしまう心配がありません。

 

2.食事中に正しく噛む事で口呼吸の癖を直す方法

左右均等交互に噛む。

くちゃくちゃ音を立てずに食べる。

口をつむって噛み、飲み込む。

 

3.あいうべ体操(みらいクリニック 今井先生考案)

次の4つの動作を順にくり返します。声は出しても出さなくても結構です。
①「あー」と口を大きく開く
②「いー」と口を大きく横に広げる
③「うー」と口を強く前に突き出す
④「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす
①~④を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続ける

この体操は、簡単そうに思いますが、結構疲れるので、慣れるまでは、2~3度に分けたほうが続けやすいと思います。

「あー」「いー」「うー」で口輪筋を鍛え、
「べー」で舌筋が鍛えられます。
とてもシンプルでいつでも簡単にでき、効果の高い健康法だと思いますのでオススメです。

これを毎日少しの時間で結構ですので続けることで驚くほど口の筋肉が付き、口呼吸の改善効果が見られますよ。

皆さまも一度ご人身の呼吸方法を見直してみられるのもいいかと思います。

口呼吸が与える体への悪影響は大きいものです。一刻も早く口呼吸から鼻呼吸にシフトし、健康的な生活を取り戻しましょう。

投稿者: 希望ヶ丘デンタル

お問い合わせはこちら

tel_045-744-5566.png